スポサードリンク

2007年10月17日

ボルボ、アルコール・インターロック装置搭載車

ボルボに、アルコール・インターロック装置搭載です。

(カービューより引用)

ボルボ・カーズ・ジャパンは、24日より開催される「第40回東京モーターショー」に、プラグイン・ハイブリットカーの「ボルボ・リチャージ・コンセプト」や、飲酒関連事故の削減を目指した安全技術「アルコガード」も出展する

ボルボ・リチャージ・コンセプトは、9月に開催されたフランクフルト・モーターショーで世界初公開したコンセプトカーのプラグイン・ハイブリッド車でバッテリーの動力だけで走行する。ボンネット内にフレキシ・フューエルエンジンを搭載するが、これはバッテリー容量が少なくなった際に電力を供給する発電機で、動力源では無い。

また、飲酒運転防止装置のアルコガードは、自動車メーカーとしては世界で初めての技術だ。車載型のアルコール・インターロック装置(飲酒運転防止装置)で、燃料電池を活用し、ドライバーがエンジン始動前に車載型のハンドセットに呼気を吹き込むだけで血液中のアルコール濃度を測定し、その濃度が基準値以上だった場合はエンジンがかからない。小さなテレビリモコン程度の大きさの装置で、飲酒運転が原因による事故防止に向け、2008年初めからボルボはスウェーデンから発売する。

このほか、7年ぶりにフルモデルチェンジした新型ボルボ『V70』、新型ボルボ『XC70』を日本で初めて展示する。
posted by 飲酒運転インターロック at 00:00| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。