スポサードリンク

2007年10月13日

飲酒した時に自動車を発進させない装置、米国で導入進む

アルコール・インターロックの、アメリカにおける使用者の取材です。古くて(2005年)申し訳ないのですが、ご参考に。

(WIRED VISIONより引用)

 ニューメキシコ州サンタフェ発――クリス・ロメロさん(42歳)は青と白のフォードのピックアップに乗り込むと、エンジンキーをオンにしてからすぐにオフにした。そしてダッシュボードにぶら下がっている黒い携帯電話のような装置に手を伸ばした。

 装置の画面には「検査の準備ができました。息を吐いてください」というメッセージが表示されている。

 装置の上部から突き出た短いプラスチック製のチューブにロメロさんが4秒間ほど息を吐くと、ビーッという音が鳴った。検査は合格だった――画面に「安全運転を」と表示されている。

 飲酒運転で2度有罪になったことのあるロメロさんだが、ここ最近は本当に安全運転だ――ロメロさんがそうなった背景には、自身の堅い決意と、イグニッション・インターロックの存在がある。この装置は、酒を飲んでいると車を発進できないようにするのだ。

 「この装置はまったく素晴らしい。セーフティネットともいえる」とロメロさんは語った。彼はこの装置を車に取り付けた3ヵ月前からアルコールを断っている。

 裁判所からインターロックの取り付けを命じられた違反者の数が年間およそ2600人にのぼるニューメキシコ州は、この装置を取り付けている違反者数という点で全米一になっている。

 そしてこの数は急増する可能性がある。同州のビル・リチャードソン知事が6日(米国時間)に署名するとみられる新しい法律により、飲酒運転で有罪になったすべてのドライバー――年間1万3000人近くに達する――にインターロックの取り付けが義務づけられるためだ。

 インターロックは米国の40州以上でさまざまな形で導入されているが、装置の取り付け対象者をここまで広げるのはニューメキシコ州が初めてだ。

 「他の州と異なるのは、州ぐるみで実施されるという点と、初めての違反者にも適用されるという点だ」と話すのは、『太平洋調査・評価研究所』(本部メリーランド州カルバートン)の上級研究者、ポール・マルケス氏。インターロックを使用している場合、飲酒運転で再逮捕される割合が大幅に(40〜95%)減少したという調査結果が出ていると、マルケス氏は指摘した。

 ニューメキシコ州は何年もの間、飲酒運転というこの厄介な問題に取り組んできた。同州で発生したアルコールが絡む高速道路での死亡事故の発生率は、2003年には米国で6番目に高かった。同州によると、死亡者は213名、飲酒に関連した衝突事故は3500件にのぼったという。

 今回制定される新しい法律の下では、初犯は1年間、2度目は2年間、3度目は3年間、そして4度目以降は生涯――ただし5年ごとに上訴の権利が認められる――と、有罪になった回数によってインターロックの取り付け義務期間が変わる。

 この新法に対しては、罰則が重すぎるうえ、貧困層に対する影響が甚大だという批判の声も上がっている。貧しい人々は有罪になる可能性が高いというのだ。

 いっぽう賛成派も、このシステムが絶対確実ではないことはわかっている。裁判官によっては――法律で規定されていても――インターロックの取り付けを命じない場合もある。また違反者がインターロックの取り付け義務を無視したり、取り付けておいて別の車を運転することもある。

 だが『飲酒運転に反対する母親の会』(MADD)で公共政策の全米責任者を務めるカレン・スプラットラー氏は、運転免許証を取り上げても飲酒運転は阻止できないことに関係者たちは気づいていると述べた。

 「このプラスチックのカードが車を発進させるわけではない……免許取り消し以上のことをやる必要がある」とスプラットラー氏は話す。

 アルコール中毒を克服し、ここ4年間ずっと禁酒しているフィル・グリーゴ州議会議員は、飲酒運転による2度目の逮捕から1年間以上、インターロックを使用した。

 「無性に酒が飲みたくなったとき、この装置は本当に役に立った。飲めば車を運転できなくなることをわからせてくれるのだから」とグリーゴ議員は語った。

 職場の印刷所を離れる1時間の昼休みの間、ロメロさんはインターロックによるアルコール検査を2回余計に実施しなければならない。車を発進させた5分後と、約40分後だ。

 再検査の要求には6分以内に応えなければならない。そうしないとエンジンを切るまでクラクションが鳴り続ける。エンジンを切ってしまうインターロックもあるが、メキシコ州ではそれは許可されていない。

 昨年夏に逮捕されて免許を取り上げられたロメロさんは、自宅から仕事場までのおよそ8キロの距離を頻繁に歩くはめになった。仕事をクビにならずにすんでいるのも、インターロックによるところが大きい。

 「不便だと言う人もいるだろうが私は全く逆だと思う。なぜなら今でも自分の人生を生きていられるのだから」とロメロさんは語った。
posted by 飲酒運転インターロック at 12:53| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。