スポサードリンク

2007年08月24日

許すな飲酒運転!アルコールインターロック


(西日本新聞より引用)

許すな飲酒運転・「3児死亡」教訓に=酒気あればエンジンかからず 車のロック普及加速 市役所や企業導入

 ●国交省 ガイドライン策定へ

 一定値以上のアルコールを検知すると、車のエンジンがかからない飲酒運転防止装置「アルコールインターロック」の普及に向けた動きが、先進地の欧米のみならず、国内でも加速し始めた。昨年8月に福岡市東区で起きた三児死亡事故を機に、北九州市が公用車に試験導入したのをはじめ、トラックに設置した民間運送会社もある。国土交通省も年内をめどに技術的ガイドラインの策定に乗り出した。

 午前8時半、北九州市役所の地下駐車場。環境パトロールカーに乗り込んだ市職員(64)はエンジンキーを回し、検知器に息を吹き込んだ。数秒後、呼気中のアルコール濃度が表示され、エンジンは無事始動。職員は「前の晩に飲酒してもチェックできる。これなら安心」と笑顔だ。

 同市は日産自動車と提携し、今月から公用車2台にインターロックを試験導入した。半年間、運転者の飲酒・食事内容とアルコール計測値を記録しながら、検知精度や使い勝手などを試す。これまでにエンジンがかからなかったことはない。同市の加藤賢次安全・安心課長は「運転前日は晩酌を減らすなど職員の意識も高まっている」と、意識改革の面でも効果を感じているという。

 日産広報室も「三児死亡事故が技術開発を加速させた。飲酒運転防止は自動車メーカーとしてのCSR(企業の社会的責任)」と意気込む。

 ■道交法より厳格

 神戸市の運送会社「ダイワ運輸」も三児死亡事故を機に、自主的にトラック約90台にアルコールインターロックを取り付けた。アルコール反応基準は、道交法の酒気帯び運転に当たる「呼気1リットル当たり0.15ミリグラム」よりも厳しい「0.047ミリグラム」に設定している。

 費用は1台当たり約17万円かかるが、呉宣男常務は「運送会社にとって飲酒運転は致命的なダメージになる。飲酒運転防止が結果的に従業員の生活を守る」とし、いずれは所有する全約200台に設置する計画という。

 ■不正防止が課題

 国交省は1月、社団法人日本自動車工業会などとともにアルコールインターロックの技術的ガイドラインの年内策定を目的に検討会を発足。今月2日にはアルコールインターロックの仕組みを破る不正使用防止などを課題に、製造業者からの聞き取りも行った。

 民間団体の動きも活発で、飲酒運転撲滅を訴えている特定非営利活動法人(NPO法人)「MADDジャパン」(飯田和代代表)は、道交法改正による商用車や飲酒運転常習者の車に対するアルコールインターロックの設置義務化を提言。10万人を目標に賛同署名を集めて関係官庁に要請する方針で、飯田代表は「国は設置者に助成金を出すぐらいの気迫で導入をリードしてほしい」と望んでいる。

posted by 飲酒運転インターロック at 08:12| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

飲酒運転防止に宿泊プラン 札幌プリンスホテル

飲酒運転防止・・・にしては、高いですね〜。タクシーで帰ったほうがいいと思うんスけど・・・

(北海道新聞より引用)

 お酒を飲んだら、無理せず宿泊を−。西武グループの札幌プリンスホテル(札幌市中央区南二西一一)はバー利用者限定の割安宿泊プランの販売を始めた。車での来店者をターゲットに、空室数に応じて通常料金から最大75%値引く宿泊プランを当日午後十一時ごろにバー内に提示、車を運転しての帰宅をやめてもらう。飲酒運転防止と客室稼働率向上の一石二鳥を狙ったアイデアだ。

 対象はタワー二十八階のバーラウンジ「トップ・オブ・プリンス」の利用者。

 販売は空室がある日に限るが、一人利用の場合でデラックスツイン(通常四万八千五百円)を一万八千−二万九千円、スタンダードツイン(同一万九千六百円)を五千−八千五百円で提供する。駐車料金は別途五百円かかる。

 提供する部屋数と料金は、バーラウンジのレジ付近に掲示し、その場で宿泊を受け付ける。飲酒運転防止が狙いだが、宿泊者が車で来店したかどうかは問わない。
posted by 飲酒運転インターロック at 12:38| 飲酒運転トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

日産の飲酒運転防止技術、レベルに合わせた対応で煩雑さを払拭

なかなか工夫がいっぱいですね。飲酒運転防止機能も、エアバッグのように車の標準装備になる日がくるような気がしますね。

(carview newsより引用)

 日産は同社の追浜事業所(神奈川県横須賀市)で、先進技術説明会を実施した。同説明会では、現在日産が研究開発を進めている安全および環境に関わる技術の一端が公開された。今回はその中の、飲酒運転防止技術に触れたい。

 まず日産では、飲酒運転をする人間にレベルがあると考えている。大まかに分けると、「飲酒運転は悪いという認識を持ち、普段は飲酒運転をしないが、魔が差す、何かのきっかけで飲酒運転をしてしまう層」、「あまり罪の意識がなく飲酒運転を行う常習者」、「自分の意志では飲むことをやめられないアルコール依存症」の3つになる。一言で飲酒運転といってもレベルがあり、それぞれに適した対応が必要だろうというのが日産のスタンスだ。

 飲酒運転は悪いという認識を持ち、普段は飲酒運転をしない層には、カーナビの画面を通じて飲酒運転防止を呼びかける「NAVI安全運転リマインダー」を、常習者にはアルコール検知のほか車両挙動やカメラを通じてドライバーの状態を分析する「飲酒運転防止コンセプトカー」を、アルコール依存症には、「アルコールインターロックシステム」といったように、リマインド→警告→強制停止と徐々に対応を厳しくする。

 開発者いわく、「普段飲酒運転をしないドライバーに対して、毎回アルコール・インターロックキーに息を吹き込んでくださいということになると、ドライバーにとっては非常に面倒で負担になるわけです。できるだけ煩雑でないシステムの開発を進めています」ということで、実用性と抑制力のバランスを考えれば、「飲酒運転防止コンセプトカー」に搭載している技術が有望といえるだろう。

 さて、その「飲酒運転防止コンセプトカー」のシステムだが、シフトノブおよびシートの肩口にセンサーを設置。シフトノブでは手のひらの汗、肩口のセンサーでは身体から発散される臭気からアルコールの有無を判断。飲酒の可能性があると判断した場合は、シフトをロックするなど走行不能とする。なお、シートのセンサーについては、運転席、助手席、後席にセンサーを設置。乗員の誰が飲酒の可能性があるのかを割り出すため、誤判断の可能性は低くなっている。

 このほか、ドライバーの表情とまぶたの動きなどをカメラでモニタリング。脇見や眠気を感じていると判断した場合は、シートベルトを締め上げて警報する。
 シートベルトの締め上げを実際に体験したが、ギュイーン、ギュイーン、ギュイーンと複数回にわたり締め上げられ、なかなか新鮮な感覚。意識がもうろうとしていた場合でもバッチリ覚醒という印象を受けた。

 「NAVI安全運転リマインダー」については2007年6月から搭載を開始。「アルコールインターロック」は2007年7月から栃木県、神奈川県、福岡県などの自治体と連携してモニター調査を開始。「飲酒運転防止コンセプトカー」の技術については発表されたばかりで今後に期待といったところだが、日産では「リマインド、警告のための技術は積極的に適用。強制停止など運転介入技術の適用は政府や自工会と協力して推進する」と意思を表明しており、実用化への期待が高まる。

posted by 飲酒運転インターロック at 00:00| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発

これ、いいですね!飲酒運転のみならず、眠気に対しても警告!がんばってほしいです。

(responseより引用)

日産自動車は、飲酒運転を防止する機能を搭載したコンセプトカーを開発し公開した。今後、このコンセプトカーを使った技術開発と検証実験を進めていく。

日産自動車では、飲酒運転を防止する機能の開発に積極的に取り組んでいて、エンジン始動時にカーナビ画面へ飲酒運転防止メッセージを表示させる機能を2007年6月から搭載開始したのに加え、ドライバーの呼気中のアルコール濃度が規定値を超える場合、エンジンを始動できないようにする装置(アルコール・インターロック)について自治体と連携してトライアルを開始するなど、様々なアルコール検出手段と警報システムを技術開発している。

今回開発したコンセプトカーは、クルマがドライバーの状態を検出し、飲酒運転の可能性を判断した場合にドライバーへ警報する。

具体的には、シフトレバーに組み込んだアルコール臭気センサーにより、シフトレバーに触れた手の平の汗に含まれるアルコールを検出する。アルコールが検知された場合、音声とカーナビ画面への表示によってドライバーへ警報し、同時にシフトロックして運転できなくする。また、シート周辺に配置したアルコール臭気センサーにより、アルコール臭気を検知する。アルコールを検知した場合、音声とカーナビ画面に表示してドライバーへ警報する。

また、メーター内に装備したカメラによって、ドライバーの顔をモニターし、覚醒度を推定する。居眠り状態や飲酒運転の可能性があると判断した場合、音声とカーナビ画面への表示によって、ドライバーへ警報する。同時にシートベルトを巻き上げるなどして、より強く警報を行う。

このほか、車両の運転挙動を検出し、居眠り、脇見など、ドライバーの運転状態を評価し、飲酒運転の可能性があると判断した場合、音声とカーナビ画面への表示によって、ドライバーへ警報すると同時にシートベルトを巻き上げるなどして、より強く警報する。
posted by 飲酒運転インターロック at 00:00| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

汗からアルコール検出=飲酒運転防止で試作車−日産

汗で、飲酒運転を感知する。新しい技術です。

(ヤフーニュース)

 日産自動車は3日、シフトレバーに設置したセンサーでドライバーの汗に含まれるアルコール分を検出し、酒気帯び運転(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム)相当以上の量を感知すると発進できなくする試作車を開発したと発表した。今後、実用化に向けた検証実験を行う。
 検出装置に息を吹きかけるタイプの飲酒運転防止技術は、既に実用化されているが、汗からアルコールを検出する技術を開発したのは「おそらく世界で初めて」(広報・CSR部)。
 運転席には呼気用のセンサーを搭載、酒気帯び運転の可能性がある場合は、音声やカーナビ画面を通じて警告する。助手席や後部座席にも呼気用のセンサーがあり、飲酒しているのがドライバーか同乗者かを区別する。
 
posted by 飲酒運転インターロック at 22:29| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

飲酒運転32%減少 社会機運の高まり反映 悪質運転の逮捕は増加 道内上半期

飲酒運転の摘発件数が減っているのはいいことですね。でもまだまだ問題はありそうです。しかし、意識がいいほうに変化しつつあるということは感じます。

(北海道新聞より引用)

 道内で今年上半期(一−六月)の飲酒運転の摘発件数が千四百十六件と、昨年同期に比べ32%も減ったことが道警のまとめで分かった。昨年八月の福岡市での幼児三人の死亡事故後、飲酒運転撲滅の社会的機運が高まったことが要因とみられる。ただ、飲酒運転の末、事故を起こすなどして逮捕された悪質なドライバーの人数は昨年同期を上回っており、酒を飲む機会の増える夏のレジャーシーズンを迎え、道警は警戒を強めている。

 道警によると、飲酒運転(酒酔い、酒気帯び)の摘発件数は、道交法改正で基準数値や罰則を厳格化した二○○二年以降、昨年まで四年連続で減少。今年上半期も昨年同期を大きく下回った。福岡の事故をきっかけに、公務員の処分が厳しくなるなど飲酒運転への社会的な批判が高まり、ドライバーや飲食店の意識改革も進んだとみられる。

 しかし、逮捕者は今年上半期で二百三十四人に上り、昨年同期を二十人上回った。このうち、半数以上の百三十一人が事故を起こしていたほか、残りの運転者もアルコールの検知を拒否するなどしていた。また、飲酒運転での事故(検知値が道交法の基準以下を含む)も百六十三件と昨年同期から31%減ったが、死者数は十三人と、昨年同期から二人しか減っていない。

 道警は「飲酒運転に対するドライバーへの啓発は浸透しつつある」とする一方「悪質な運転者は潜在的におり、今後も厳しい姿勢で臨む」と強調。海水浴場やイベント会場など飲酒する人の多い場所を中心に取り締まりを強化する。

posted by 飲酒運転インターロック at 12:33| アルコール・インターロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。